ウエア

【CLOSE UP!】ARAI XD

アライからハードテイストのニューヘルメットが登場

「パワー」を表現するフォルム

アライの公式ツイッターで登場が予告され、その後、国内外のイベントで実物が披露された新モデル「XD」。多くの人がその外観に驚かされたことだろう。キャッチフレーズは「唯我独走」。たくましさ、力強さ、無骨さ……そんな印象を与えるデザインは、主にクルーザーモデルに乗るライダーのニーズに応えるものとして生まれたという。

彼らがアライに求めたのは、アメフト選手やラグビー選手の鍛え抜かれた体のようなマッチョなフォルム。それを達成するために、アライはチンガード(あごを保護する部分)により力強いイメージを付与することを目指して製品設計を進めた。

アップライトな乗車姿勢に合わせた設計で、スタイルも含め、ネオレトロモデルなどにもマッチ。

デザイン重視といえども、安全性と快適性をおろそかにすることはない。強じんで粘り・剛性に優れた「PBーcLc」帽体に、衝撃をかわすための曲面を最大限確保するためのシールドシステム「VAS」を組み合わせ、世界で最も厳しいと言われる安全基準「スネル規格」もクリアしている。

オプションで日差しから視界を守る「VAS-Vプロシェードシステム」(7560円)やシールドの曇りを防ぐ「VAS-V MV ピンロック 120」(3024円)を装備可能。

帽体のみならずダクト内への走行風の進入も防止し、静粛性アップにも貢献するスライドシャッターを採用した前頭部の「XDFダクト」と、3つのダクト穴から帽体内の熱気を強力に排出する「XDRダクト」を装備。「アストラル-X」のダクトと似ているが、細部の形状が異なる専用設計となっている。

専用設計のベンチレーションシステムや頭部を深く包み込む「エコピュアー」内装が生み出す安らぎは、ライダーを心晴れ晴れとした旅へと導いてくれる。

 

あご部に流れる空気を利用し、効率よく帽体内部を換気する「サイドスリットエアーチャンネル」。XDマウススリットと合わせ、ほおをなでるような心地よい風を感じさせてくれる。

オプションの「ESチンカバーV」(1944円)。あご下の不快な風の進入を防ぎ、口元の空気を負圧によって排気する。

抗菌・消臭・防汚素材「エコピュアー」採用の内装。脱着可能で、オプションによるフィット感調整もできる。

サイズ:54、55-56、57-58、59-60、61-62 カラー:グラスホワイト、グラスブラック、フラットブラック 規格:スネル、JIS

価格●4万9680円(ソリッドモデル) 問アライヘルメット ☎048-641-3825 http://www.arai.co.jp/

(report●林 康平 photo●吉田悠太)

 

モーターサイクリスト編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW MODEL】KAWASAKI Z900
  2. コレは使いたい&集めたい! 1月のオススメ用品・グッズ15選!
  3. 【NEW ITEM】GAERNE SG-12
  4. 【CLOSE UP】KNOX ラックサック
  5. 2018年夏 ヤマハYZF-R1M(1/12スケール)発売!
  6. 【バイク用品 LONG TERM TEST】MRA X-cre…
  7. 【NEW ITEMS】SHABONDAMA ORIGINAL M…
  8. 【NEW ITEMS】SP TADAO POWERBOX Fu…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEWS】ダイネーゼがレザーアイテムの クリーニングサービスを開始 HONDAとYAMAHA オフロード競技車の2019年モデルが受注開始 【NEWS】爽やかな笑顔に癒やされる「ベスラブレーキガール」を開催 春のツーリングに行きたい!全国お薦め旅先セレクション〜近畿編〜 【NEW ITEM】BEAMSからXMAX用マフラー発売! 【おすすめ一泊旅】悠々と駆け巡る房総半島横断ツアー その1 【NEW MODEL】YAMAHA XMAX ABS 【CLOSE UP!】HELSTONS ドゥ レース レザージャケット 2018年で デビュー○周年!【CBX&Z1300&XS1100編】 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP