トピックス

【NEW ITEMS】ARAI VZ-RAM

▲単色仕様の5色に加え、グラフィックモデルも4種類と、一人一人のバイクのスタイルに合わせやすい豊富な展開を予定している

新機構を搭載した次世代モデル

価格:4万9680円

サイズ:54、55-56、57-58、59-60、61-62

発売予定時期:4月下旬

問ARAI HELMET http://www.arai.co.jp/jpn/top.html

ツーリングシーンでの快適性と安全性を追求したアライのオープンフェイスヘルメットシリーズに、ニューモデル「VZ-RAM」が登場する。

このヘルメットの最大の魅力は、アライのフルフェイスヘルメットで採用されている新しいシールドシステム「VAS」が採用されている点。これはシールドの可動軸を片側当たり2か所にすることで、シールドが開閉される際の動きが「前に出る」「上に上がる」の2段階となるもの。この機構によりシールドシステムのアーム位置を下げられ、より滑らかなフォルムが実現でき、衝撃をかわす性能が高まり安全性が向上した。

同時にもたらされた恩恵としては、シールドの曇りを劇的に軽減してくれるピンロックシールドがオープンフェイスヘルメットにも装着可能になったこと。気張らずバイクで走り出せる簡便さを意識したヘルメットジャンルなだけに、この手の快適装備が追加されるのはツーリングライダーにとってうれしいところ。

もちろんシールド以外にも、新形状の内装やさらなる耐衝撃性能を求めた帽体を採用するなど、あらゆる部分で多数の改良が施されており、総合的にも大幅な進化を遂げている。

◁内装の素材には抗菌、消臭性能を持つ「エコピュアー」を採用し、形状は頭部全体を優しく包み込むブレにくいものへと進化した。頭部と頬部にはアジャスタブル機能を備え、簡単にフィット感を調節可能

 

 

 

 

 

△▼同社のレーススペックモデル「PB-SNC2 RX-7X」に搭載されているものと同じ高い吸気効率を誇るディフューザーに加え、新形状のエアロスタビライザーを搭載して後頭部の整流効果も向上。長時間の走行でも首への負担が少なくなっている

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◁VASシールドシステムを実現する、L字型の溝が特徴的なダブルピボット。従来品のSZ-RAM4と比較すると14㎜もシールドアームの位置が下がり、ヘルメット側面のなめらかな部分を広く取ることができる。また、ピンロックシールドの装着が可能になったほか、シールド自体の交換も容易になった

「VAS-Z」シールドシステムで快適性が大幅アップ

別売りのプロシェードアーム、サンバイザー、サンバイザー取り付けシールドを組み合わせれば、プロシェードシステムも装着可能。もちろんピンロックシールドも併用でき、シールド周りが隙のない仕上がりになる。

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【NEW ITEMS】プロトから12月リリースの新製品情報がゾク…
  2. 「北海道ふっこう割」で ブラッと旅するひがし北海道-2
  3. 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Su…
  4. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  5. 【NEWS】ホンダコレクションホールが 開館20周年イベントを開…
  6. 第22回 カフェカブミーティングin青山 11月3日、11月4日…
  7. 北海道・十勝 ── とっておきの体験型観光
  8. 125㏄の機動力を携えてリニューアル!モンキー&スーパーカブが帰…

旅に出よう!

おすすめ記事

山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜 【NEWS】ハスクバーナ正規販売店3店舗が、3月16日(土)にオープン JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集めてみました 〜ロードリングで航海に出るの巻〜 【NEW MODEL】ホンダ・CBR650R/CB650Rが3月15日発売! 【NEW ITEMS】MAGICAL RACING Ninja250 Street Bodywork “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜スズキセイフティスクール〜 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜南房総編〜 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Africa Twin /〈DCT〉 【NEW ITEMS】ACTIVE φ28.6 TAPERHANDLE SUPERLOW 【NEWS】ゴールドウイングが540台の受注を獲得 発売前日には開発者のトークショーを開催
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP