ヒストリー

「これもセロー?」 海外で販売される仲間たち

セロー250っぽいけど…あれ、ビミョーに違う? 一体コレは何なのかというと、アメリカやカナダ、オーストラリアなどで販売されている「XT250」というモデル。言わばセローの海外専用兄弟車です。

report●モーサイ編集部 
 

セロー? いやなんか違う!?

 

 
「軽快な乗り味でセル付き! シート高も低いし、ツーリングに最適なオン/オフモデル」として海外のヤマハで販売されているXT250。

 

セロー同様に足着きの良さも売りのひとつで、シート高は810㎜。……なのですが「YZにインスパイアされた長いシート」というキャッチコピーがついています。

 

セロー250を見慣れた日本人にはヘッドライトまわりに若干不思議な印象を覚えますが、それ以外はまさにセロー250。テールカウルの形状や9.6ℓ容量の燃料タンクからして、FIが初採用された2008年〜2017年までのセロー250がベースと思われます。

 

ただし「セローらしさ」のひとつである、フロントの「ハンドルスタンディング」は非装備に……。

ヘッドライトはセロー250がレンズ径100㎜なのに対し、こちらのXT250は「エンデューロスタイル」のヘッドライトとなっており、レンズ径は133㎜とやや大きくなっています。


液晶式メーターはセロー250と同様。速度、オド、ツイントリップ、時計が表示されます。

 

もし「欲しい!」と思った方、スミマセン、コチラ日本での販売はされていないので、写真だけでお楽しみくださいませ(ちなみに価格はアメリカでは5199ドルから、カナダでは5499カナダドルからとなっています)。

 

 

あわせて読みたい!

「セローらしさ」って何だ? 2代目に引き継がれた“理念”

関連記事

  1. 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史①
  2. JAPANESE CAFERACERS特集 日本の美カフェ、集め…
  3. 歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1
  4. 【新刊情報】MCクラシック6号、好評発売中!!
  5. 歴史を彩った名車シリーズ SUZUKI GSX1100S KAT…
  6. 歴史を彩った名車シリーズ BMW R100RS
  7. あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その2>
  8. 2018年で"デビュー○周年"!【YZF-R1&HAYABUSA…

旅に出よう!

おすすめ記事

新型はリターンの方にもお薦めです!  ゴールドウイング開発陣が語る新型の魅力 【EVENT】11月25日(日)にトライアンフがイベントを開催! アウトメカニカ・フランクフルト 2018は9月11日〜15日の開催! 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜伊豆編〜 【NEW MODELS】YAMAHA TMAX530 DS ABS/ SX ABS 【NEWS】ホンダが鈴鹿8耐と全日本ロードレースにワークス参戦! 【NEW MODELS】TRIUMPH STREET TRIPLE RS 新色登場! 【NEW ITEMS】SP TADAO POWER BOX FULL“S”TITANIUM BLUE ホンダCB1300シリーズに上級モデル「SP」が登場間近! 【ワインディングニッポン】房総&伊豆チャレンジ編
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP