ヒストリー

「これもセロー?」 海外で販売される仲間たち

セロー250っぽいけど…あれ、ビミョーに違う? 一体コレは何なのかというと、アメリカやカナダ、オーストラリアなどで販売されている「XT250」というモデル。言わばセローの海外専用兄弟車です。

report●モーサイ編集部 
 

セロー? いやなんか違う!?

 

 
「軽快な乗り味でセル付き! シート高も低いし、ツーリングに最適なオン/オフモデル」として海外のヤマハで販売されているXT250。

 

セロー同様に足着きの良さも売りのひとつで、シート高は810㎜。……なのですが「YZにインスパイアされた長いシート」というキャッチコピーがついています。

 

セロー250を見慣れた日本人にはヘッドライトまわりに若干不思議な印象を覚えますが、それ以外はまさにセロー250。テールカウルの形状や9.6ℓ容量の燃料タンクからして、FIが初採用された2008年〜2017年までのセロー250がベースと思われます。

 

ただし「セローらしさ」のひとつである、フロントの「ハンドルスタンディング」は非装備に……。

ヘッドライトはセロー250がレンズ径100㎜なのに対し、こちらのXT250は「エンデューロスタイル」のヘッドライトとなっており、レンズ径は133㎜とやや大きくなっています。


液晶式メーターはセロー250と同様。速度、オド、ツイントリップ、時計が表示されます。

 

もし「欲しい!」と思った方、スミマセン、コチラ日本での販売はされていないので、写真だけでお楽しみくださいませ(ちなみに価格はアメリカでは5199ドルから、カナダでは5499カナダドルからとなっています)。

 

 

あわせて読みたい!

「セローらしさ」って何だ? 2代目に引き継がれた“理念”

関連記事

  1. 2018年で"デビュー○周年"!【SR&STEED&ハーレー編】…
  2. 2018年で"デビュー○周年"!【Ninja250R&K1&Dト…
  3. 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦
  4. 激闘! ヤマハワークスマシン「0W」のすごい歴史①
  5. 歴史を彩った名車シリーズ BMW R100RS
  6. 2018年で"デビュー○周年"!【YZF-R1&HAYABUSA…
  7. 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS
  8. 昭和~平成と駆け抜けたCBとライバルたち(4)高出力化への新たな…

旅に出よう!

おすすめ記事

土の上を走ろう! ホンダドリーム関東 オフロード運動会 【EVENT】ハーレーダビッドソンの日本No.1カスタムビルダー決定コンテスト 「Battle Of The Kings」一般WEB投票受付中! 【バイクで夏旅】夏こそツーリングで北東北へGO!(津軽半島編) 【モーサイチャンネル】ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI GIXXER(ジクサー)編 【新刊情報】KADOKAWA スニーカー文庫『スーパーカブシリーズ』 【NEW MODEL】VESPA GTS150/GTS300 【NEW MODEL】YAMAHA YZF-R6 【RACE】2018年のMotoGPは 3月18日(日)にカタールで開幕 “参加したい”がすぐ見つかる!2018バイクイベント情報!〜バイクやクルマからレーシングマシンまで・・・Enjoy Honda 2018〜 【NEW ITEMS】ACTIVE φ28.6 TAPERHANDLE SUPERLOW
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP