アーカイブ

【MCアーカイブ】ホンダCBX400F(1982年1月)

時代を先取りしすぎたCB400FOUR。400㏄クラスマルチ全盛の時代を迎えた80年代初頭、ホンダはよりグレードアップした「CBX400F」で、再び王座を狙う!

※当ページは別冊モーターサイクリスト39号(1982年1月号)に掲載された試乗インプレッションを修正し掲載したものです。価格などは当時のものが記載されております、ご注意ください。

■2順目のバッター

1972年、ホンダはCB750(1969年)、CB500(1971年)に続く、第3の4気筒エンジンとしてCB350Fを発表したが、それはスーパースポーツというより、ハイクオリティな大人のツーリングMCといった色合いが濃かった。性能的にみても、CB350ツインに対して、特に優位に立つこともなく、ひたすらスムーズで軽い走りをするMCで、若者にアピールする要素は少なかった。

ドリームCB350エクスポート(’70年2月)

当時(編集部注:’70年前後)は免許制度が現在と異なり、400㏄までの区分がなかったためもあり、このおとなしい自動2輪の売れ行きはかんばしいものではなかった。そこでホンダのとった作戦は、400㏄への排気量アップと、徹底的なデザイン変更によるーパースポーツ化であった。これが現在でも名車と呼ばれるCB400FOURの誕生であり、同時に日本特有の400㏄クラスの活発化にも拍車がかかった。

しかし、この人気車種CB400FOURは比較的短命に終わることになる。ホンダ自身によれば「7年前は、暴走族、公害、省エネなどの社会問題があり、MCにとっては厳しい状況だった。スーパースポーツCB400FOURが名車といわれながら、我々の期待ほどに売れなかったのは、社会環境によるところも大きかった」。

CB400FOUR(’74年12月)

 

そこで時代の要求に応えて、ホンダは 1977年に2気筒3バルブのホークを発表した。アメリカンからスーパースポーツまで揃ったホークシリーズは一応の成功を収め、400㏄ブームは改正された免許制度にも助けられ、大きく伸びた。

そのブームの中で他社は、SOHCツインのホンダに4気筒で対抗し、カワサキ=Z400、ヤマハ=XJ400、スズキ=GSX400Fと市場には400㏄マルチがあふれることになり、このクラスに駒を持たないのは、中型マルチの元祖ホンダだけという皮肉なことになってしまった。

ホンダファンのCB400Fをなつかしむ声は高くなり、中古車市場では新車価格を上まわるものさえ出るありさまだった。そうなればファンがホンダのニューマルチを期待しないほうがおかしく、ここ1〜2年、6気筒だ、いやVだ と外野の声は高まるばかりだった。 そんな喧喋(けんそう)の中、CBX400Fは東京モーターショーで、ファンの前に姿を現わした。

CBX400F(’81年10月)

今さらいうまでもないが、エンジンは DOHC4気筒であり、ここにいたって、4社まったく同じ土俵に上がったわけだ。 今度はCBX400Fが最後発のDOHCフォアということになる。

「最初に400フォアを出したウチとしては、 2順目のトップバッターだと思っている。 そのためには、他社と同じものではだめで、持てる技術のすべてを注ぎ込んで、コンパクト、軽量、ハイパワーを追求した」(ホンダ技術陣)

400フォアを野球の打者にたとえたわけだ。同じピッチャーを相手にして打つなら、2度目にはそれなりの策を持たなければプロではない、ホンダはそういいたかったのだろうか。

 

■機は熟成した

「合理性だけを追求するのでなく、豊かで、ある程度自由なことをやっていいのが現代だと思う。そこで、400㏄市場に 刺激を与えてリードするには、遠慮はいらないのではないか。走り に徹したCBX 400Fも、今の時代なら受け入れてくれるだろう」

これが開発意図であり、結果としてCBX400Fは、400㏄としては最高の48psの出力と、インボードベンチレーテッドディスクブレーキ、プロリンクサスペンションなどの最新技術を満載しながら、173 kgの軽さで登場したわけだ。

もちろん、エンジン、ブレーキ、サスペンションのすべてが、完全に新設計であり、細かいスペックを注視するまでもなく、ひと目で新しいとわかる外観を持っている。

色彩の派手さと新機構の数々は、十分アピールするものの、CB400Fが持つフォルムそのものの独自性には、やや弱いといえるかもしれない。

775mmという低いシートに腰を降ろすと、170㎝のテスターだと十分な足つき性が確保されていることがわかる。低いハンドルはグリップラバー外側までで69㎝弱で、シートに近いため全体に上半身はピチッと決まり、実際以上にCBXを小柄なMCと感じさせているようだ。これは走りだしてからもかわらず、取りまわしやすさにもつながっている。

 

ライダーの目から見るハンドルまわりの豪華さは、CB750FやCBXと同等のもので、ジュラ鍛のセパレートノハンドルや中央に燃料計を配した、各種警告灯付きのメーターパネルは、400㏄クラス一のグッドデザインだ。

前後、特に後方からこのMCを見ると、今までになかったものを発見できる。それはウインカーをテールランプと一体に組み込んで、スッキリさせてしまったことで、前方の55/60Wのハロゲンランプをはさんで独立したウインカーの灯間も、従来より狭い。

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. プライベーターが作り出したRZ500R
  2. 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 750GT
  3. 【ヒストリー】バルブスプリングの挑戦
  4. 2018年で"デビュー○周年"!【Ninja250R&K1&Dト…
  5. 歴史を彩った名車シリーズ HONDA CB72 Type-1
  6. 2018年で"デビュー○周年"!【CB750FOUR編】
  7. 歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS
  8. 2018年で"デビュー○周年"!【YZF-R1&HAYABUSA…

旅に出よう!

おすすめ記事

【NEW ITEM】SP TADAO POWER BOX FULL“SS” 一番の美女は誰だ!?東京モーターサイクルショー2018美女図鑑! 【NEW MODELS】TRIUMPH STREET TRIPLE RS 新色登場! 【NEW ITEMS】IGAYA TOURING SEAT BAG リターン? 早くしないと 人生そのものが終わってしまうぞ! 【NEW ITEM】agv SPORTMODULAR 山岳路と新しい感動に出会う旅〜信州ツーリングレポ 飯田・高遠・佐久 Part2〜 【NEW ITEM】目立たないインカム MIDLAND BT GO JET/UNI 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Super4(Z1) 土の上を走ろう! ホンダドリーム関東 オフロード運動会

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP