アーカイブ

歴史を彩った名車シリーズ DUCATI 900SS

ライバル勢に対抗するため、排気量を拡大

 ’71年から発売を開始した750㏄のLツインシリーズで大成功を収めたドゥカティは、’70年代中盤になると排気量を864㏄に拡大したエンジンを主軸に据え、GT/GTSやダーマ、S2など、日常域やツーリングでの快適性に配慮したモデルの充実化を実施。とはいえ、世界中のドゥカティユーザーから熱狂的な支持を集めたのは、レースで培った技術をダイレクトにフィードバックした900SSとMHRシリーズだった。

今になってみると不思議な気がするけれど、’60年代後半〜70年代初頭は、世界中の2輪メーカーが一気に大排気量車に目を向けた時代で、一部の例外を除けば、各社の旗艦の排気量は750㏄だった。もっとも、量産車の世界で750㏄が脚光を浴びていた時代は意外に短く、’70年代中盤以降は各社から850や900、1000㏄モデルが続々と登場。ドゥカティLツインも誕生から数年後には、ボアを80→86㎜に拡大した864㏄仕様が主力になっている。

ドゥカティ初のオーバー750㏄車は、’74年から発売が始まった860GTだが、本命と言うべきモデルは、750SSの排気量拡大版として’75年にデビューした900SSである。最高出力は750SSとほぼ同等だったものの、耐久性に優れ、販売価格を抑えた900SSは、世界中で好セールスを記録。そして同車の基本設計を転用して生まれたマイク・ヘイルウッド・レプリカ、’79年のマン島TT制覇を記念して生まれた900MHRは、最終的にはシリーズの総生産台数が約6000台に達し(1000MHRミッレを加えると約7000台)、当時のドゥカティにとって史上最大のヒットモデルとなった。

 

▲スクエアデザインとなったベベルLツインは、ボアアップによって排気量を748→864㏄に拡大。吸排気系はデロルトPHF40㎜径キャブ+コンチが標準だが、一部の仕向け地には32㎜径キャブ+ラフランコーニ/シレンチウム仕様で出荷された。なおベベルLツイン全車の動弁系がデスモドロミック式となるのは’77年からで、’74〜76年に販売された860/900GTSはオーソドックなコイルスプリング式だった。

▲軽快でダイレクトなハンドリングを獲得するため、メーターパネルはステアリングステムではなく、フレーム側にマウントされている。スピード/タコメーターはベリア製。

▲多くの900SSユーザーがシングルシートを好むことを考えると、’78年以降のSSで採用された少々野暮ったいスタイルの純正ダブルシートは、今となっては貴重なパーツかもしれない。後部にはキーで施錠できる小物入れを装備する。

▲前後ショックはマルゾッキ。既存のスポークホイールに替えて、ベベルLツインにアルミキャストホイールが導入されたのは’78年型から。撮影車のブランドはFPS(サイズはF:2.15×18、R:2.50×18)だが、スピードライン製も存在。ほかのモデルではカンパニョーロを採用することもあった。

▲前後ブレーキキャリパーはブレンボ対向2ピストン。撮影車のカラーはゴールドだが、入手時はブラックだった。ディスクに穴加工が施されるようになったのは’70年代中盤から。

▲バーが可倒式になってはいるものの、左右ステップの設置位置と構成は、当時の量産車の中では相当にスポーティ。

 

新車情報はドゥカティジャパン公式サイトへ

 

関連記事

  1. 【キャンペーン】ABUSロックのサマーキャンペーンが開催中!!
  2. 【NEWS】HYODの旗艦店に行ってみたら、いろいろとスゴかった…
  3. 【NEW MODEL】HONDA CRF1000L Afric…
  4. 【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動!
  5. 「セローらしさ」って何だ? 2代目に引き継がれた理念
  6. 【NEW MODELS】KAWASAKI Z900RS 19年…
  7. モーサイ編集部風景 モーサイの仲間になってくれる人【Web媒体編集スタッフ】を募集!…
  8. 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Su…

旅に出よう!

おすすめ記事

【キャンペーン】ABUSロックのサマーキャンペーンが開催中!! SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【レインウェア編】 旧車放浪記〜上がりバイクを求めて その1 【NEW MODEL】YAMAHA MAJESTY S XC155 新型はリターンの方にもお薦めです!  ゴールドウイング開発陣が語る新型の魅力 あのカワサキ「Z」はZでなかった?<その2> 注目秋冬ウエア 安全こそ全て……「DAINESE」 【NEW ITEM】AOSHIMA KAWASAKI 900Super4(Z1) 【NEW MODELS】DUCATI MULTISTRADA 1260/S 【NEWS】6月に開催されるトライアル世界選手権の冠スポンサーがストライダーに決定
BIKE王

ピックアップ記事

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP